青汁はうまい!?効果ありすぎ!?本当はどうなのか。

青汁のイメージが変わったという口コミが多数!効果もアップ

邪道だけどお砂糖足すといいよ!便秘もスッキリ。青汁効果かな?

青汁,健康,ダイエット,口コミ,効果

青汁というと、「苦い」「まずい」「青臭い」というイメージがありました。実際、子供のころに飲んだ青汁は苦みが強く、
葉物野菜を何もつけずにかじっているような味で、決して美味しいと言えるようなものではありませんでした。

しかし、昨日飲んだ青汁は抹茶のような風味でした。牛乳で割ったことで抹茶ミルクのようになり、
とても飲みやすかったです。
半分ほど飲んだところで、お砂糖を少し足してみたら、カフェのような味になりました。
そして最近、少し便秘気味だったのですが、今日は久しぶりにすっきりしています。
これも青汁の効果かなぁと感じています。

私が飲んでいるのは、いや飲まされているのは「北の大地の青汁」です。私が入院したことがきっかけになり、
母が飲んでいる青汁を無理やり毎朝飲ませられるようになってしまいました。

青汁は「苦い」「まずい」のイメージが強かったわけですが、この「北の大地の青汁」は、思っていたより飲みやすいと思います。
(そんなにたくさんの種類を飲んだわけではないので比較はできませんが)
ここ2年ほど、飲ませられているのですが、正直「体が良くなった」「劇的に変わった」みたいなことはありません。
しかし母は、「飲まなかったら、また入院することになったらどうするの。飲んどるから、
病院に行かずにすんどるんやよ」と言ってはいますが。
青汁と言えば、身体にいいけど美味しくはないというイメージでしたが、(CMでもまずーい!もう1杯。
というのがあったので印象深いです)最近の青汁は飲みやすくもなっているので取り入れやすいイメージになりました。

最近飲んだ青汁は駅構内にあるファンケルで150円位で飲みやすかったのを覚えています。
仕事で疲れた時や野菜不足の時などに気軽に飲めていいのでその場所を通る時は良く利用していました。

美味しくなってさらに気軽に栄養補給が出来るのがいいと思います。
私は高校生の頃に、親から健康のためにと勧められて一月ほど飲んでおりました。

それまでの青汁のイメージは、ざらざらとした喉ごしで生臭く不味いものだと思っていましたが、
飲んでみると喉ごしは多少ドロドロしているものの想像していたほど喉に引っかかる感じもせず、
匂いも青野菜を嗅ぐのとさほど変わりありませんでした。味についても、一口飲んでみると、
美味しいとは言えないものの、不味くはなく、半分程度までなら一気に飲める程度のものでした。

一度も飲んだことがなければどうしても飲みにくく不味い印章が湧いてしまうと思いますが、
私個人の感想としては、「栄養は非常に豊富なので、これならば普通に続けられる」と感じられました。
ただ、継続するにはそれなりのお金がかかるため、結局一月で辞めてしまいましたが…。
青汁といえば健康のために飲む(摂取する)ものだというイメージを持っています。初めて飲んだのは
学生の頃でアルバイトを終えた後に先輩が疲れたから飲もうと言ってコンビニで冷凍の青汁を
買って味見をさせてもらった時でした。

あまりに普通に飲んでいたので美味しいのかと思って
味見をさせてもらうと、ビールよりも一段と大人の飲み物だなぁとその当時は思っていましたが、
健康を意識する年齢になると青汁というのは本当に魅力的な飲み物だと思うようになりました。

食事での野菜を大量に摂取するのは大変ですし、コップ1杯で済むというのはありがたいと思います。
青汁についてのCMはよく目にしますが、青臭くないといっても、
わざわざ買って飲むほど美味しいものではないだろうと思っていました。

しかし、セブンイレブンのくじ引きで青汁が当たったことがあり、その時初めて飲んでみると、
思っていたよりも美味しくて、驚きました。
味は、野菜ジュースよりも飲みやすく、私の好きなウス茶糖によく似ていました。

その時に美味しいことがわかってから、妊娠中に野菜をあまり食べていないと感じた日や、
授乳期に貧血を感じた時などに、コンビニで手軽に買える青汁をよく飲むようになりました。

今では、美味しくて気軽に野菜を取れていることが実感できるので、
わざわざ買ってもいいかな、と思うくらいになりました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
青汁の口コミは?