色々な効果がある青汁。しかしまずいイメージは根強い。

色々な効果がある青汁。しかしまずいイメージは根強い。

青汁,健康,ダイエット,口コミ,効果

初めて青汁を飲み始めたのは、主人のニキビが出始めた頃でした。
主人は野菜よりも肉系を好んで食べるし、お菓子やおつまみも好きなので、
乱れた食生活や栄養バランスを正すことを考えて、夫婦で毎朝飲み始めることにしました。

青汁はもっと苦くて不味いイメージがあったのですが、それなりに良いものを買うと水に溶けやすく、
飲んでも粉っぽくないし、青臭さも気にならなくて抹茶みたいな感覚です。

飲み始めて5ヶ月くらい経ちますが、主人のニキビも出にくくなっているので
これからもとりあえずは青汁を続けていこうと思っています。

半年程前にお店で青汁の試飲をして、子供が「これなら飲める」と言うことだったので、
野菜不足の解消になり体にも良いと思って購入しました。実際に家で青汁の粉を水に溶かして飲んでみると、
青臭くてとても毎日飲めるような味ではなく、試飲の時はかなり薄めてあり飲みやすかったのだと感じました。

試飲の時くらいの濃さに薄めようとすると飲む量がかなり増えるので薄めて飲むことも難しかったです。

仕方がないので、パンに入れたり、スコーンに入れたりして家族に食べてもらったところ、
抹茶のようで美味しいと好評で、子供達の大好きなおやつになりました。

不思議なもので、何度も青汁パンや青汁スコーンを食べるうちに、数ヶ月後には私は抵抗なく青汁を
水で溶かして飲めるようになっていました。家族はまだその域には達していないようですが、
私は今では青汁は美味しいと感じています。
青汁は不味いというイメージしかない。

高校生の頃に飲んで以来、今まで一度も再チャレンジしたことがない飲み物である。
まずくさいのがいけない。飲んだ後の不快感を倍増させている。

初めて飲んだときは臭さを意識しなかったが、1度飲んでしまうと青汁の臭さを鼻が覚えており、
コップを近づけただけでウェーってなってしまう。味は当然まずい。
はっきり言って草を食べてるような気がする。

健康には良いと言ってもビタミンを摂るサプリはたくさんあるのだから青汁は要らないと思う。
青汁=美味しくない。幼い頃祖母が飲んでいたのを少し飲んで
幼いながらに美味しくない飲みものだと、そう思って育ちました。

しかし、再び青汁との出会いがありました。数年前の友人の結婚式の二次会でのこと。
二次会のゲームで青汁を飲むはめになりました!!苦くてまずい青汁を一気飲みなんて…ムリ!!
そう思ってましたが、一口飲んでみると、ん?これは??意外とおいしくごくごく飲めました!

気付けば1番に飲み干すことができました。

それ以降、たまに飲みたくなって青汁を飲んだりしていますよ。
青汁は非常に健康に良いが味はあまり良くはなく、そのままでは非常に飲みにくい。

そのため、味付けされたものもある。デレビ通販でも、よく目にする、
そこでは年配の人が商品を飲んだことによって健康になったと言うのが強く強調されていた。

スーパーなどの店頭でもしばしば見かけるが大きく取り扱われることはなく、
青汁を買う人もあまり見かけられなかった。また味については家族でも飲んだこてのある者はいないため、
実際の味はよくは分からない。
青汁は美味しくないという固定観念があり一口だけ口に入れた事しかありません。

体にとても良い事を聞くたび飲み始めようかと思うのですが。

飲み方もなにかと混ぜたりと色々あるみたいなので自分に合う飲み方を探せれば良いのかもですが、
なかなか行動にはうつらないです。愛飲しているお茶のオマケに青汁が入っているのですが、
いつも友達にあげてしまいます。ですが私も次はちゃんと飲んでみようと思えました。
体に良いことは試していきたいです。

ホーム RSS購読 サイトマップ